スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に公開その8

なんだか梅雨入りしたとかいいながら、そんなにいうほど雨が続いてない感じですね~。
ここ数年特にそうなのかな~?
梅雨前線もツンデレだな~。

「べ・・・、別にあなたに会いに来た訳じゃないんだからね!」     って感じでw
雲にとってデレることが「雨を降らす事」と考えるなら、今の梅雨は完全にツンデレですねw


さてさて、もう本当にいのうえまんぼうさん以外読んでいる人はいないんじゃないか?と感じますね。
いのうえまんぼうさん、こんな文章を読んで下さって本当にありがとうございます。

しかし、過疎の過疎ですね~。
例えるなら、「トリック」での仲間由紀恵のマジックショーくらい(伝わる?w)

でも、これからも後悔していくぜ!
ナウ! 底辺!! 
怖いものなんてもうないぜ~!
いつの間にか、この後悔も8回目!!ww


今回の話は第1話の「コバチェビッチとの再会」

 コバチェと出会った朝、理子と話していて、「そのおじ様の名前は聞いたの?」と尋ねられた時に千羽はふと我に返って、「しまった~! 名前も、どこの誰かもわからない~!」とすんごい後悔するんです。
 それでその後の授業はテンションだだ下がりで受け続け、昼休みになり、
午後の音楽の授業に突入します。
 音楽室に教室移動しているシーンからのスタートです。

-------------------------------------------------------------

 **教室移動している千羽と理子。

 千羽:「あぁ~。ダリィー。 マジだり~~~。
     なんで音楽の授業はわざわざ教室移動しなきゃいけないのよ~。
     教師の方が来なさいよ~。」
 理子:「だって普通の部屋だと防音とかないし。音楽室だと音の響きも違うでしょう?」
 千羽:「チッ! それに私、そもそも音楽の授業はキライなのよね~」
 理子:「音楽が嫌いなの? 千羽ちゃん?」
 千羽:「特にトキメキもないしね~。退屈そのものだわ…」
 理子:「授業にトキメキなんて求められても…」

 **めんどくさそうに音楽室のドアを開ける千羽。
 **しかし、次の瞬間。自分の眼前の光景に千羽は驚愕する。
 **今朝運命の出会い(?)を果たしたおじ様がそこにはいた。

 千羽:「あ…。あなたは!」
 コバチェビッチ:「おや? アナタは今朝のお嬢さん…」
 千羽:「はいっ!! 私! 浦汐千羽と言います! よろしくお願いしますっ!」
 コバチェビッチ:「私はジェリコ・コバチェビッチです。
     今日から音楽教師として赴任してきました。
     こちらこそよろしくお願いしますね。キュートなお嬢さん♪」
 千羽:「そ…、そんな! キュートだなんて…(もっと言って~!!)」
 コバチェビッチ:「アナタ、音楽は好きですか?」
 千羽:「は…、はいっ! 大好きです! もう毎日授業が音楽でもいいくらい!」
 コバチェビッチ:「ハハハ。 それは嬉しい事です」
 理子:(さっきと全然言ってる事が違う…)

 **舞い上がった千羽は調子に乗ってお願いする。 

 千羽:「先生…。出来れば私、先生に個人レッスンしてほしい~。
     私、もっと! もぅ~と! 音楽の事知りたいの~♪」
 理子:(どこまで猫かぶっているのよ…)
 コバチェビッチ:「ええ。いいですよ。意欲的な生徒さんは私も大歓迎です。
     放課後にでも音楽室に来て下さい。おそらくここでピアノを弾いていますから」
 千羽:「キャアァァ~~♪ 先生ピアノがお得意なんですか~?」
 コバチェビッチ:「ええ。プロには到底及ばない腕前ですが」
 千羽:「聴きたいっ! 聴きたいぃぃ~!!」
 コバチェビッチ:「そんなに慌てなくてもいつでも弾いてあげますよ。
     さぁ。授業がそろそろ始まりますから席について下さい」

 千羽:「理子~♪ 音楽ってサイコーねっ☆」 
 理子:「まぁ。元気になったから、もう何も言わないわ…」

-------------------------------------------------------------

 ヘリコプターで登場するのも面白いかもしれませんが、超展開すぎる気もするので
これくらいの方がまだ自然な感じで千羽っぽいとも思います。
 コバチェビッチが音楽教師と分かった途端に手のひらを返したように態度が変わるのも
実に千羽っぽい気がします。
 これから千羽は毎回音楽の授業だけは真面目に受けて、音楽の成績は優秀なんでしょうねw

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

実はこっそり

読んでます。
でもって
>「トリック」での仲間由紀恵のマジックショー
これもばっちり伝わってますw

いろはうたさんの↑このやりとりは二人のイメージぴったりなのですが。
理子ちゃんは、どうして千羽ちゃんと友達になったんでしょうね?
その辺って設定で出てましたっけ?

>>ありんこさん
おぉ! コメントありがとうございます!
トリックも伝わって良かったです。
細かいネタが面白い作品ですよねw

理子ちゃんが千羽の友達、というのは確か第24回の打ち合わせで決まったような気がします。
理子と絡んどかないと、千羽がいなかった事になりかけていたのでw

でも、いつからの付き合いなのか? とかはまだ決まってなかったかも。
個人的には少なくとも中学は一緒だった感じがしてますが。
実はその辺、盲点かもしれませんね~。
メールしてみてはどうですか?
プロフィール

いろはうた

Author:いろはうた
いきおいだけで作ったブログです。
なんの気なしに見ちゃえばいいよっ!!
あと、勢いでコメントしてくれていいよっ!!!
リンクもドンドン貼っちゃえばいいよっ!!!!

twitter
twitterもやってます。 よければ、フォローしてやってください。
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。