スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャバネ第4話 シーン4

シーン4
 保健室にやってきた理子。

 理子:「失礼します…」
 女医:「なんだ? またケガ人を連れてきたのか?」
 理子:「いえ…。今日は先生にお聞きしたい事があって…」
 女医:「聞きたいこと? なんだ? 言ってみろ?」
 理子:「じ、実は…。先日私が連れてきた彼の事で…」

 女医の視線がふいに厳しくなる。
 
 理子:「先生は彼の事を何か色々知っている風だったので…。
     彼の事、なんでもいいんです! 教えてくれませんか?」
 女医:「……。教えてやるのは簡単だ。だが、そんなことは彼も望んでいないだろう…」
 理子:「ど…、どういうことですか?」
 女医:「それがお互いの為だからだ。彼の事はこれからも知らない方が幸せだ」
 理子:「な、なんで??」
 女医:「お前を思ってのことだ。白亜。悪いことは言わないから、彼の事を詮索するのはもうやめろ」
 理子:「でも! でも! 私は彼の事が、彼の事が…。好きに…なってしまって……」

 女医:「なんだと?」
 理子:「心配なんです。あんな怪我のまま飛び出して…。それに、もう一度会って話がしたくて…」
 女医:「そこまで彼を思っているなら…。なおの事、彼のことは教えられない」
 理子:「先生…。お願いです……」 
 女医:「知らない方がいい。お前とは住む世界が違うんだ。彼も。そして、私も…」
 理子:「え?」
 女医:「いいから、今日はもう帰るんだ。外も暗くなってきているぞ」

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いろはうた

Author:いろはうた
いきおいだけで作ったブログです。
なんの気なしに見ちゃえばいいよっ!!
あと、勢いでコメントしてくれていいよっ!!!
リンクもドンドン貼っちゃえばいいよっ!!!!

twitter
twitterもやってます。 よければ、フォローしてやってください。
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。