スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こりずに第5話!part6

ピッツァ・パーリィーです!
2人のテンションが高いのは、決してアルコールのせいなんかじゃないんだからね!
だって、2人とも17歳だもん!(おいおい!)   (千羽は16歳だろうし、かこは…w)

------------------------------------------------------------------

シーン6 ピッツァ・パーリィー

 千羽とかこはテンションが上がり、楽しそうに盛り上がっている。
 そんな二人から離れて、窓辺でたそがれるマミコンとウメちゃん。

 マミコン:「何だかごめんね。病み上がりなのに」
 ウメ:「いや、楽しいよ。自分の事でこんなに祝われたのは初めてだし…」
 マミコン:「そうかもね…。シーク団体にいた頃はこんな事はとても想像出来なかった」

 マミコン:「でも、本当に嬉しいわ。ウメちゃんが来てくれて…」
      「あなたがいれば百人力よ! 一緒にシーク団体に立ち向かいましょう!」
 ウメ:「う、うん…。そうだね」

 どこか悲しそうな顔をするウメちゃん。そこに千羽が割りこんでくる。

 千羽:「なんだ~! 二人だけで話して~! こっちこいよ~!」
 マミコン:「ごめ~ん。千羽ちゃん。今行くわ~!」

 楽しそうな笑みを浮かべるマミコン。

 マミコン:「とにかく、今日は楽しみましょう! せっかくのお祝いなんだから!」
 ウメ:「そうだね。今日くらいは、甘えさせてもらおうかな」

 
シーン7 ミヤマの自室

 ミヤマ:「ウメは上手くやったかしら? 脱走が偽りのものと悟られない様にとはいえ
      多少傷つけ過ぎてしまったかもしれない…」

 ミヤマ:「でも、今は彼女を信じるしかないわ…。
      こんな苦しい役割を押しつけてごめんね…。ウメ……」

 くまのぬいぐるみを抱きしめながら、ウメを思い涙ぐむミヤマ。

 ミヤマ:「でも、全ては魔法少女チャバネを打ち倒すため。
      ガク様を傷つけた報いを受けさせるためなの…」

 くまのぬいぐるみにキスをして、ガクの事を思いながら静かに床につくミヤマ。

 ミヤマ:「おやすみなさい…。ガク様…」


-------------------------------------------------------------------


 あ~、惰性で作った感が満載だぁ~!
 こんな駄文に付き合って頂いた方があれば本当にありがとうございます!

 でも、実際話を2話分、下手なりに作って思った事ですが、
話というものは「作らないと繋がらない」ですね。

 作っていくうちに気付く事もあるし、自分で勝手に伏線に気付いて
「あ、これなら結果オーライ?」みたいな事が良くあります。

 試行錯誤を、英語では「trial and error」といいますが、その通りだと思います。
 何度も間違っていくうちに、段々マシになっていくんでしょうね~。

 ということで、まだまだ懲りずに、不定期にこういう事しちゃうと思いますwww
 ごめんね、ごめんね~!! 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いろはうた

Author:いろはうた
いきおいだけで作ったブログです。
なんの気なしに見ちゃえばいいよっ!!
あと、勢いでコメントしてくれていいよっ!!!
リンクもドンドン貼っちゃえばいいよっ!!!!

twitter
twitterもやってます。 よければ、フォローしてやってください。
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。