スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャバネ第7話 シーン4

シーン4 ウォーターランド (翌日)

 天気は快晴! 雲ひとつない青空はまさにプール日和だった。

 千羽:「おっしゃ~! 晴れたぁ~!」
 理子:「げ、元気ね…。千羽」
 千羽:「今日はおじ様だらけのプール祭りなのよ! テンション上げなくてどうするのよ!?」
 理子:「そ、そうなんだ…」
 千羽:「あ、噂をすれば、コバちゃんがっ! お~い! こっちよ~!」

 遠くからでも手を挙げて千羽の呼びかけに応えるコバチェ。

 コバチェ:「やぁ。おはよう! 千羽!」

 段々と千羽の方へと近づいてくる影は、コバチェ以外にも何人かいた。
 それを見逃すはずもない千羽は、ツインテールがいつも以上にピコピコ動いている。

 寿司職人:「おや? あれが噂のかこの…」
 コバチェ:「そう。娘の千羽だ。なかなかキュートだろ?」
 寿司職人:「確かに昔のかこにそっくりだが…。我々みたいなおじさんがいうと、犯罪っぽいぞ?」
 コバチェ:「ハハハハハ。確かにそれは、違いないっ!」
 植木屋:「私は昔、一度だけ会った事がある…。懐かしいな。彼女は覚えていないだろうが…」 

 千羽:「カレ~! カレ~~!! 本当によりどりみどりだわ~!!!!」
 かこ:「あら? コバチェ君以外にも懐かしい顔が勢ぞろいね~」
 理子:「懐かしい? 全員、お知合いなんですか?」
 かこ:「ええ。昔の仲間なの彼らは。そして、彼女もね…」
 理子:「彼女?」
 千羽:「ゲッ!!」

 女医:「おはよう。今日はお誘いありがとう。久しぶりに会えて嬉しいよ」
 かこ:「いえいえ。私とあなたの仲ですからね~」
 千羽:「チッ! な、なんで、アンタがここにいるのよ!!」
 女医:「かこに誘われたからに決まっているだろう。友人は多い方が楽しいから、と」
 千羽:「チッ!! ママ~! なんでこんな女を~!?」

 その頃、かこは既にコバチェのグループと話をしていて、取り付く島もない。

 女医:「まぁなんだ。今日はとにかく今までの事は水に流して、一日楽しもうじゃないか?」
 千羽:「そ、そうは言っても…」
 女医:「そんなふくれっ面してたら、そこのおじ様方に嫌われてしまうぞ?」
 千羽:「チッ! わかった。今日だけはアンタと仲良くしてあげる! 今日だけよ!」
 女医:「それは嬉しいな。お手柔らかに」
 
 女医:「あと、白亜も今日はよろしくな!」
 理子:「あ、は、はい! よろしくお願いします!」
 女医:「今日は私の事、別に先生と思わなくていいからな。プライベートだし」
 理子:「は、はい。わかりました」
 千羽:「そうか…。わかったよ、真由…」
 女医:「お前はもう少し年上を敬え…」
 理子:「相変わらずね…。千羽……」

 女医:「おい! かこ! 立ち話はその辺にして、まずは着替えに行こう!」
 かこ:「あらあら。ごめんなさい。つい懐かしくて…。じゃあ、とにかく中に入りましょう」
 千羽:「よ~し! 今日は萌え尽きるぞ~! カレ~~!!!」
 
-----------------------------------------------------------------------------

 準備に時間かかる性格でごめんなさい…。
 おじ様の水着姿を描くにはまだもうちょっとかかります。

 しかし、これは一体誰に謝っているのか…?
 私はカレセンを理解しきれていいないのでよくわからないけど、おじ様の水着シーンって需要あるのかな?w
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いろはうた

Author:いろはうた
いきおいだけで作ったブログです。
なんの気なしに見ちゃえばいいよっ!!
あと、勢いでコメントしてくれていいよっ!!!
リンクもドンドン貼っちゃえばいいよっ!!!!

twitter
twitterもやってます。 よければ、フォローしてやってください。
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。