スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャングル大帝

昨日、ふとTVをつけたらジャングル大帝をやっていたので、思わず見てしまいました。

実は、「ジャングル大帝はこのあとすぐ!」っていう5秒CMだけの声で
「あ、この声、矢島さんだ!」と思ってしまった微妙なダメ絶対音感で興味をもってしまった私ですがw


でも、これがなかなか面白くて、やっぱりなんか違うな~、っていう感じがしました。
手塚治虫先生はすごいですね。
現代のマンガのネタは大体やってしまった、と言われてもしょうがないです。
作品の発表が1950年代らしいし、よくそんな事を考えたなぁ~と。

まず驚いたのは、ジャングルが人工のもので、気候もコンピューター管理したものであるという事。
大自然の話なのかと思っていたので、まずそこで驚かされました。

そして、気候区分をしているから、色々な大陸の動物を区画ごとに住まわせることが可能という。
まさに夢のような島でした。
その時は、確かに「そういう技術が可能になった未来では、そういう事もできるのかも」
と思ってしまいます。
それはそんなにすぐの未来ではないにしても、いずれは行きつく可能性のある世界なのでしょう。


でも、そんな夢のような世界の背後には、夢ばかりではいられなくて。
利権や人間の自分勝手な理屈が渦巻いていて。
「結局、自分の事しか考えていないのか?」みたいなものを感じてしまいました。

でもそうじゃなくて、「人間の事しか考えていない」んですね。
人間絶対主義、という感じがしました。

科学の力を手に入れたからといって、あたかも何でも出来る気になって。
神様にでもなったつもりか? と思ってしまいます。


気に入らなかったら壊して、そしてまた作り直す、という。

「なんてひどいんだ!」と思うでしょう。


でも、パソコンとかゲームであれば、それに近い事はしているでしょう?
どうにもこうにもいかなくなったら、直すよりも全部0に戻した方が早い事があれば、
リセットしてしまうんじゃないでしょうか?

それは、パソコンやゲームをあくまで「モノ」としてしか見ていないからでしょう。


動物を、「モノ」というか「研究対象」としてしか見れなくなったら。
多分そういう事をしてしまう事になりかねない気がします。

それが怖くて、そんな自分を想像するだけで嫌で。
だから私は生物系の研究をする気は毛頭ありませんでした。


主人公の男の子のセリフが一番心に残っています。


「パパは僕が死んでも、僕のクローンを

作ればいいと思ってるんだ!」


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いろはうた

Author:いろはうた
いきおいだけで作ったブログです。
なんの気なしに見ちゃえばいいよっ!!
あと、勢いでコメントしてくれていいよっ!!!
リンクもドンドン貼っちゃえばいいよっ!!!!

twitter
twitterもやってます。 よければ、フォローしてやってください。
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。