スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新生活

4月ですね。
お久しぶりな感じでしょうか。

もともとそれ程の更新頻度があった訳ではありませんが、4月に入って滞っていましたね。
一応見てくれている人もいるようなので、たまには更新しようと思います。

会社の方は、しばらく研修の日々です。
社会人になったという実感はまだ薄いですが、徐々に増えていくでしょう。
守秘義務てきなものも数多く存在しますしね。
ざっくりとしかここには書きません。
……まぁ、このブログに込み入った話なんて書いた事もないですがw

東京の電車は、混んでいますね。
先日の水曜あたりにちょっと忘れ物をして7時台後半の電車に乗ったら、ひどい目に遭いました。
JRの事故だか何だかで、連結に手間取って8分ほど遅れていたらしいのです。

「なんだよ、8分位の事で~」

と思っていた私が浅はかでした。
田舎者の感覚では、8分は「ちょっと」かもしれませんが、具体的にラッシュ時のダイア換算すると
「電車2~3本分」ですね。
これは、「相当な」遅れな訳です。

その日の混み具合は、本当に異常でした。
普段から混んでいますが、それでもプロなら「本がかろうじて読める」混み具合だったのです。
しかし、その日は「腕時計すら見れない」状態だったのです。

男性の方なら、組み体操のピラミッドを経験した事があるのではないでしょうか?
無意味に「ヤー!」と叫んで、最後は崩して全員が倒れ込むアレです。
その5段ピラミッドの一番下か下から2番目にいる状態を想像して下さい。
おそらく、それと同等の混み具合でした。
腕が固定されると動かせない訳ですねw

まぁ、その日以外はまだまだ常識の範囲内(から標準偏差1つ分まで)に収まっているので、これからも早起きさえすれば何とかなるだろうと楽観視しております。
どうにかなるでしょう。

スーツも就活の時に来ていたから、それほど苦でもないし。
会社自体もネクタイやシャツにうるさく言う事もないので、気は楽です。
だからといって、だらしなく着ても良いという意味ではありませんが。

これで停電とか節電さえなければよかったんですが。
就職氷河期といい、地震の大打撃といい。
私の代と来年の後輩の代は特に色々と苦労する年代になるでしょうね。

正直、運がいいか悪いかで言えば、確実に悪いでしょう。
でも同時に、どうにか現状を打開することが出来れば、大きなチャンスにもなるはずです。
そう信じてこれからも日々を過ごしていきたいですね。

…なんか、ちょっとカッコイイ感じで今回の所はオシマイですw
 

虎穴に入らずんば虎児を得ず

3月に入り、そろそろ第1週が過ぎようとしています。
暦の上ではそろそろ春の兆しが見え始めてもおかしくはないのですが、京都は相変わらずの雪。今年の冬将軍は土俵際の競り合いが上手なようです。私はそのような連勝記録を応援する気はないので、そろそろ春一番に負けて頂きたいです。もちろん、春一番は芸人の方ではありません。芸人の方を思い浮かべた方は負け組です(失礼)。


前回の日記ではラノベにハマっている事を少し触れた気がします。
思いの外、反応が少なかったですね。というより、誰もコメントなどで反応していませんでした。少々オタクの方面の話をし過ぎたのでしょうか? そんな若干の寂寞の想いを抱えつつ、逆に開き直って今回もそういうお話を中心に書きます。

先日、ベホマと一緒に軽く飲みながら色々と話をしました。
どんな場合でもやはり研究に関する話は盛り上がります。実際は彼と私の研究内容はかなり異なってはいます。異なってはいるのですが、やはり研究の姿勢などの談義は面白い。互いにそれなりの哲学というか考え方があって。その意見を戦わせてみたりする事は楽しいです。酔い方や話す内容が完全にオッサンですね。本当にありがとうございます。

とりあえず、研究対象の探し方や研究に対する姿勢は益川さんのそれが非常に参考になりました。最近こういう本を読んだので、ますます益川さんファンになってしまっています。ますますますます益川さんファンになってしまっています。(大事な事なので2度言いました。決して駄洒落を連呼したかった訳ではありません。)


「大発見」の思考法 (文春新書)「大発見」の思考法 (文春新書)
(2011/01/19)
山中 伸弥、益川 敏英 他

商品詳細を見る



益川さんを直接見たのは2度ほどしかありませんが、メディアで報道される通りのキャラクターです。この本でも触れているように、益川「先生」と呼ばれる事を嫌っておいでです。ノーベル賞の受賞が決まった後での特別講義では、その発言に対して九後先生が困っていたのが印象的でした。九後先生はついつい「益川先生」と呼んでしまい、その度に益川さんに嫌な顔をされていたので。
その時の私は、「九後先生でもたじたじになってしまうほど偉大な方なのだ」と改めて益川さんの偉大さを確認したのでした。世間では萌えキャラだとか、可愛いおじさんとか思われているみたいですね。以前は私もそう思っていました(失礼)。しかしこの本を読めば、益川さんもかなり自分なりの試行錯誤をしておられる事が分かります。また、鬱と戦っている事をもはや達観していたのも印象的でした。ますます益川さんへの尊敬の念が生まれそうです(大事な事なのでry……w)

山中さんは実際に見た事はないですが、この本を読んで以前より親しみが持てました。
やはり対談集という形式をとっているので、実際に合ってお話したような錯覚に陥ってしまうのかもしれません。時折、関西弁を交えて話す山中先生に彼の「素」を垣間見た様な気がして、ちょっぴり嬉しくなりました。
彼の研究姿勢にも感銘を受けました。地道な試行錯誤の連続ですが、それが研究というものなのでしょう。現在のポストに着くまでの努力。海外に赴任する為の売り込み。アメリカから日本に戻ってからの不遇の時代。彼の生き様からは得るものも多かったですし、同時に元気をもらえる事が出来ました。
個人的に印象的だったのは、「これから生物学の実験はより高度になってくる。実験から理論までを全て一貫して理解する者は極端に減るだろう。物理学の様に、実験を提案する『理論』と実際に作業をする『実験』との分業が近い将来必ず必要になるはずだ」という主旨の発言です。いま本を読んで直接打ち込んでいる訳ではないので、これと同じ発言をしている訳ではありません。私の誤読の可能性もあるので、心配な方は是非一度手にとって読んでみて下さい。




っっっは!!!!! い、いつの間にか、真面目な話をしているっっ!?

今回はディープにオタクの話でもしようかと思っていたのに!!
いや~~。やっぱり、私がマジメだからですかね~~。
ちょっとふざけた方向に行こうとしても、いつの間にかマジメな方向に戻ってくるんですね~。
ぃや~。困ったなぁ~~。


……調子に乗りましたw すみませんww



さて、気を取り直して、タイトルの話に戻りましょう。
さっきまでの話も「苦汁を嘗めないと成功などありえない」という風に解釈してもらえればタイトルに沿った内容ですがね。一部の方々が予想し、かつ期待しているものはそうではないでしょう? 何のことか「全然ピンとこない」人は正常なので、どうかいつまでもそのままで居て下さい。


ベホマと飲んだ時の話の続きですが、こういう話題が出たのです。

「なんで、アニメイトとか、ゲマズとか、とらのあなとか。京都にこんなに沢山似た店舗があるの?」
「ってか、こういう需要っていつまで続くと思ってるの?」
「お互いに潰し合いになるんじゃないの?」

実は京都には最近になって、とらのあなが出来まして。四条界隈は俄かに萌え産業の激戦区の様相を呈しているのです。

ベホマの発言に、私はこう反発しました。

「ジャンカラだって、乱立しているじゃないか? 京劇店は潰れたけど、上手くやりさえすれば共存できる」

そして、何よりも一番大事なのは「需要が分散する事」です!
京都の大学生や一部の社会人への需要が拡大しているので、単純に店舗が増えないと「商品の取り合い」が激化するのです。売れ筋の商品はそれぞれの店舗があらかじめ多く発注すればいいじゃないか? と思われる方もいるでしょう。しかし、人気は急にやってくるのです! 
「欲しいけど、多分これそんなに人気ねぇだろ~?」
と甘く見ていたものが、異常に人気が出てamazonでもどこを見ても売っていない場合もあるのです!


そう! このBirthのように!!


ふう。やっと本題ですねw ここまで来るまで長かったです。


まぁ、ぶっちゃけ、人気過ぎたんですよ~。このアルバム。
2週間くらい前からamazonで予約はしてたんですけど、全然来なくて。
だから辛抱たまらず、今日直接探しに行った訳ですよ。

アニメイトへ行き。売り切れと宣告され。
次にゲーマズに行き。再入荷の見通しは立っていないと言われ。
半ば諦めかけた中、とらのあなへ行き。最後の1枚を発見した訳ですよ!

とらのあな☆ 万歳~~★
これだから、「需要の分散」は大事な訳ですね。
本当に最後の1枚だったようなので、本当にラッキーでした。


このアルバムはかなり豪華でして。
アニメの中でも使われていない新曲が5曲も含まれていて、しかもスペシャルCD付き!
スペシャルCDはまだほとんど聴いていませんが、ラジオをモチーフにした特別収録です。何だかんだで「神のみ」の音楽関連のリリースは力入れまくりだと感じました。

全部をじっくり聴いた訳ではありませんが、特に「らぶこーる」という曲は良いです。ひらがなのタイトルなので、もっと柔らかく優しい曲かと思っていました。しかし、聞いてみての印象はかなり違っていました。スローテンポではありますが、しっかりと歌い上げていて。アイドルとしての曲というより、一人の「アーティスト」としての曲と感じます。
本当に「中川かのん」という人が存在したとすると、イメージをガラッと変える為の「勝負の曲」のような気がします。例えがあっているかはわかりませんが、ELTでいうと"fragile"のような曲の雰囲気です。彼女達もこの曲で「しっとりとしっかりと」歌い上げる傾向が強くなった気がしますし、そういう意味でも共通するものを感じます。


ベホマに感化されて、ELISAのアルバムも勢いで3つとも購入してしまったので、今日だけで私は4枚もCDアルバムを買った事になりますw 
自分でも若干やりすぎかな? と感じていますが、全て良いアルバムだったので後悔はしていません。

私はこれからも、God only knowsを応援しています。(まる)
 

ヒコシ・ジュンビの憂鬱

何だかんだでもう3月ですね。
昨日は友人とかな~りどうでもいいメールのやり取りをして月を越してしまいました。

引っ越しの準備とかいいながら、部屋の片づけはほとんど進んでいません。
とりあえず、実家に荷物をある程度戻す日までには7~8割は片付けとかないと~。

引っ越しの手続きはちょいちょい進んでいますが。
・引っ越し業者への連絡(会社を通じてO.K.)
・郵便物の転送届
・ガスと電気の解約
・プロバイダへの移転連絡と転居先でのコース変更

あと、リサイクルショップに古い家具を引き取ってもらおうかと思いましたが
基本的に4年以上使ったものはダメらしく、
有料で引き取ってもらうしかないらしいです。
諭吉先生が1人かもしくは2人飛んでいく可能性が高いです。。。


そして何よりの問題ですが、本がとにかく多いのでその辺が憂鬱です。

とりあえず、向こうに持って行きたい本の候補が多いので
(しかも減らす気はないし、実家に送る気もあまりしない)
どうにかしなくちゃいけないと思っています。

ひとまず、コナン70冊を実家に送る決断をした事は英断だと自負しております。

しかし、ワンピースを持って行くのは譲れない!
ついでに神のみとハヤテも譲れない!
あと、ARIAとハチクロとのだめも譲れない!
よつばと!、ふたつのスピカ、あずまんが、ひだまりも譲れない!
あと場所を取らないぷ~ねこ(なぜか春からアニメ化)も譲れない!
昔に買った文庫達、そして新規参入の文庫達も譲れない!(文庫ケース約4個分)

ちゃんと数えてませんが、マンガは全部でケース7~8個分位でしょう。
このケースのまま送れればかなり楽なのに、
「いや、それでは責任もてないかもしれません」
などと引っ越し業者がのたまいけるので、一旦中身を出す、バカな事をしなくちゃいけないかもかもです。
何のためのケースなんやら。。。

ともかく、持って行くものはこのパソコンとかを除くと
あとは衣類と幾許かの書物という訳です。

身軽なのか何なのか……。

色々と考える事は多いのかもしれませんが、ひとまず今はラノベ中ですw

累計400万部を超えている生徒会の一存は思った以上にラノベラノベしていました。
やはり、個人的には8巻の深夏の話が好きですね。
あと5巻の最後の方の表現は、正直非常に卑怯だと思いましたw
あれほど視覚的な表現なんて……。 ちょっと反則じゃん?w

ともかくも、最近はかなり無気力に色々とむさぼっております。。。

駄目駄目だなぁ~。
来週から本気出す。

今日は雨なので、静かに読書ですw 
晴耕雨読の精神で(何も耕してねぇだろ!というツッコミは無しの方向でw)

読書の季節

「読書の秋」などといいますが、他にも秋は色々な季節にされてしまいますね。
そんな秋の多忙さに可哀想だと少し同情してしまう事もあります。

秋がこれほどにも多くの季節になるのは、夏に比べて秋の方が時間が長く使える機会が増える、つまり余暇が増えるので普段よりも多くの事に手が出せるだろう、という事が根底にあるのだと思います。
「○○の秋」なんていうものは、とどのつまり言ったもの勝ちという要素が多分にあるのだと思います。

では逆に、余暇があれば秋でなくても季節はどうでも良いのでしょうか?
私が出した答えは、「Yes」です。
余暇があるならば仮に秋でなくともそれは「○○の季節」と言えるのではないか? というものです。
何ともご都合主義と言われかねませんが、こういう格言染みたものは言ったもの勝ちという要素が強いと思うのです。
大事な事なので2度言いました。





お話する順序が前後しましたが、私の近況を少しここで述べさせていただきます。


年明けから特に地獄を見てきた私ではありますが、何とか修士論文発表も終えたので無事に卒業する事が出来そうです。
それはそれでいいのですが、一つの問題があります。


単刀直入に今の状態を表現するのだとすると、私は非常に



ヒマなのです!!!w



目標を失ってしまい、今完全に燃え尽き症候群への道を歩み始めている所です。
進行形です。現在完了でないだけマシですが、そう遠くない未来完了系ですww
(ここでの「系」はsystemにハマっている私を示しているので誤植ではありません。あしからず)


そうなってしまってはマズイと思い、とりあえず当面の目標のようなものを立てました。

始めは勉強をし残した事を勉強したり、復習したりしようか? と思いました。
今まで研究で同じことばかり考えていたので、同じ分野であっても別の事象に関する本を読むことはほとんどありませんでしたし、実際に別の事象の本を読んでみるとある種の新鮮さがありました。

でも、駄目でした。
1日で飽きたのですw
まぁ、私にとってはいつもの事というか、想定の範囲内の事です。
やはり同じような物理の話ではすぐに飽きてしまいます。
もう少し真新しさがなければ。


そこで私は、本を読むことにしました。
生協で本を購入すれば自動的に1割引きになりますし、この機を逃せば新刊が1割引きで購入できるなんていうオイシイ特典はそうそうあるものではありません。

とりあえず、私は東野圭吾の『ダイイング・アイ』と森見登美彦の『四畳半神話大系』を購入しました。
どちらも個人的に読みたいと少し前から思っていた本です。

今までの閉鎖的な気分から解放されたからか、本嫌いの私も東野圭吾の本はたったの2日で読み切る事が出来ました。なんという成長でしょう!
読後の衝動として、ビトウィーンザシーツとアレクサンダーを飲みたくなりました。
近いうちにバーにでも繰り出して飲みたいものです。


四畳半神話大系の方はアニメは全部みたのですが、その時に結構面白そうだという印象を受けたので興味は持ち続けていました。現在完了進行形です。
ただ一方でアニメにしてはセリフが多い作品だという印象も強かったです。
おそらくアニメという限られた時間に押し込められた情報を受動的に受けるにはあまり向いていない作品なのでしょう。
小説という紙媒体を使って自分のペースで主人公の心情を追いかける方が、より深く作品を知る事が出来る。そんな直観がずっと頭から離れずにいました。
そして、真綾ヴォイスが頭から離れなかったというのもありますw

兎に角、京都を舞台にした話ですし。
神無月は終わってしまいましたが、卒業までには読破したいと考えています。
おそらく、今週か来週には読めるとは思いますが。

「読書の季節」なので。


うん... たん♪ ベホマズン!

昨日はたかし氏の強い要請もあり、2日連続で新京極界隈に侵略を致しました。

目的地はいわずもがなw

彼が以前、秋葉原で行ったアニメイトは上級者onlyで非常に空気が重かったらしいのですが
京都は普通に親子連れとか、普通なカンジのお友達同士とか、変にオタクっぽくなかったです。
彼の予想に反して疎外感など全くの皆無だった訳です。
やはり関西だからなのかな? アットホームな雰囲気といいますか。

彼もかなり居心地が良かったらしく、何だか少しずつハマっていっている感じです。
少なくともあと3年は京都に滞在する彼にとって、どうかこの場所が憩いの場となりますように。


色々と見て回って、あれこれとかなり悩みに悩んだ末、
彼のインスピレーションを最大限に刺激するものを買っていました。

何を買ったかは『禁則事項です♪』という感じなのですが、少しヒントをいいますと
体積的にはまぁ普通なのですが、面積的にはけっこう大きいのかもしれません。
……おぉっと~、これ以上は~~~~~www


ともかく、アレを研究室で使えと命令されたら断固拒否させていだきます!
まぁとりあえず自宅には、お持ち帰りぃ~♪(CV:中原麻衣) させて頂きますが。


なんやかんやしているうちに、私は一時的に散髪の為に離脱致しました。

その間にたかし氏はベホマ氏と合流致し、私と合流する時にはなぜかまたアニメイトにいました。
……着実に、着実に、前に進んでいる足音が聞こえるw

その時には「いちごパフェが止まらない」がエンドレスでかかっていました。
『も、も、もう、、 私 止まらない!!』って感じですな。 


 
その後、ベホマもたかし氏オススメの品を無事購入したんですが、そのお店が結構面白かったです。
オシャレなアクセサリーが売っているのかと思いきや、ドラゴンボールのフィギュアとか
他にも抱き枕とか、キーホルダーとかアニメグッズがどっさりあって。

これは店長さんの趣味なのかな?w なんかまた機会があれば寄ってみたいお店ではありますね。
蛸薬師新京極のお店なのです。


その後、メシ食って、ダラダラおしゃべりして、例によって2時間カラオケにw
暖房にやられたので体を休めようとそのまま帰った後に、カムバック連絡に気付いたので
無駄に往復してしまうというミスも犯しましたがw

受付に40~50人の人がたむろしていた事にはビビったw そういうシーズン?







とりあえず、昨日の戦利品たち

なのは ねんぷち

こういうものを買ったのは初めてなのですが、1個500円なので、結構お手頃価格でした。


ネギさんに写メしたところ

「ちょ……おまっっ! テラ、ウラヤマシス!!!」

という主旨のメールが来たので、また彼に贈ってあげようかな?w


アルフのシッポが捥げたのにはビビったけども、アロンアルファを使ったら10秒足らずでくっつきました。
飛行船に乗るように急かされても十分間に合う時間ですねw



だいたいそんなかんじで。
良い休日でした。

 
プロフィール

いろはうた

Author:いろはうた
いきおいだけで作ったブログです。
なんの気なしに見ちゃえばいいよっ!!
あと、勢いでコメントしてくれていいよっ!!!
リンクもドンドン貼っちゃえばいいよっ!!!!

twitter
twitterもやってます。 よければ、フォローしてやってください。
最新コメント
最新記事
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。